ずっきのファミキャン日記

関西のファミリーキャンプを中心としたブログです。

初めてのキャンプ(自然の森ファミリーオートキャンプ場)を思い出してみる

こんにちは、キャンプ行きたいけど自粛中のずっきです。

 

今回は、3年前に初キャンプを思い出して記事にしてみたいと思います。

誰もが初めてのキャンプはいろんな失敗があって、そこから学ぶことは多いと思います。また、我が家では初めてのキャンプを基準によく話したりしています。

 

f:id:kairada0212:20210522142519j:plain

 

 

初めてのキャンプ予約について

初めてのキャンプとのことで大阪から近くてファミリーが安心してキャンプできるキャンプ場を探していました。GoogleMapの口コミやネットでの口コミが良かった「自然の森ファミリーオートキャンプ場」を最終選びました。予約時には、初キャンプです。とカミングアウトして予約しました。安心できるようなメール内容で返信された記憶があります。割り当ててもらったサイトもその時の私たちにはぴったりのサイト(カッコウバナ1)でした。振り返ると「自然の森ファミリーオートキャンプ場」は高規格のキャンプ場ではないですが。自然がいっぱいのキャンプ場です。

初めてのキャンプ子供のデビュー時期について

キャンプした日は、2019/09/07-08(1泊)です。約3年前になります。実は娘が生まれて10か月で初キャンプデビューさせました。娘はハイハイしていた時期でした。写真を今の娘に見せても覚えていないようです。子供の初キャンプって記憶に残る3歳ぐらいから始めるのが良いのかなと思います。今は3歳ですがどのキャンプ場でも楽しかったと言ってくれます。キャンプ場も3歳から料金が発生するのもこの理由かな思います。

初めてのキャンプの準備について

雑誌のチェックリストを元にしてとにかく必要最小限にキャンプ用品を集めて準備を行いました。今振り返ると、よくあんなにキャンプ用品をそろえていない状態でキャンプできたなと思います。そこで、買いそろえていなくて困ったものを思い出してみます。

初めてのキャンプで買いそろえておきたかったものについて

1.シェラフ&マットレス

9月のキャンプだった為、夜も蒸し暑いだろうとのことでシェラフを買わずにタオルケットで夜を過ごせれるだろうと思っていました。これが間違っていました。標高480mだったので夜は寒くて4時ぐらいに目が覚めてしまいそれから寝れませんでした。あと、マットレスもなし(グランドシートに薄いじゅうたんを敷いた程度)だったので寝返り打つととても痛かったです。娘は子供用の式布団の上に寝せていたので良かったのですが。キャンプで夜に快適に寝れる環境は、重要を初キャンプで痛感しました。

2.焚き火台

焚き火台なんてかまどがあったのでそんなの必要ないと思って購入しなかったと思います。小枝は周りから拾って来て燃やしていたんでしょう。苦労した記憶を写真に残していました。苦笑。もちろん、薪なんて買って焚き火はしていないです。

 

f:id:kairada0212:20210520235907j:plain

3.明るいランタン 

テント中ので使う光源が小さいLEDランタンを購入はしていましたが。これでは全く明るくなくて夜は困りました。サイトを明るく照らすランタンがないと夜は楽しく過ごせれないってことを実感しました。

キャンプ場(自然の森ファミリーオートキャンプ場)について

関西の大阪から1時間で行ける近いキャンプ場ですが。口コミを見ると一部、管理人様を悪く投稿されています。実際はそうでもないと思います。私はキャンプ場で管理人さんからいつか注意されるのではないかと思っていましたが。注意をされることもなくキャンプができました。

 

今年、自然の森ファミリーオートキャンプ場を7月にリピート予約していています。初キャンプから3年の成長が感じられれるキャンプになったらいい~な!で、今日は締めたいと思います。 

ご購読ありがとうございました。