ずっきのファミキャン日記

関西のファミリーキャンプを中心としたブログです。

読書「初心者でも勝率99%の株ポートフォリオ戦略 」を読んでみての感想

読書「初心者でも勝率99%の株ポートフォリオ戦略 」を読んでみて

はてなブログからメールでブログを書いてみませんかと催促が来たので久しぶりにブログを更新します。

 

お題は、タイトル通りに読書の感想になります。

私はよく投資関連の本を読みますが、本は個人が投資に関する内容を本にした内容が多いです。その為、参考程度に読むことが多いのですが。本書は違いました。

 

著者は、ファンドマネージャーをされています。本のタイトルが大げさですが、本の内容をまとめると個人で購入する株は選び方を間違えずに長期で保持すれば99%投資としての成果を出せることが可能といった内容でした。

 

第1章

投資の6悪をしない。空売り、回転買い、信用取引、集中投資、小型株への投資、IPOへの投資。

 

第2章

長期投資を行う上での基礎知識。都合の良い考えを捨てて、利益率の高さなどの絶対水準を見て長期の優良企業に投資する。

 

第3章

リスクとリターンの簡単な計算方法。リターンの計算方法やリスクの計算方法など。難しい。難しい計算方法ではなく、とても参考になった。

 

第4章

 ポートフォリオ運用とは、外貨と内需をそれぞれ組み合わせること(為替をヘッジする組み合わせ)でポートフォリオを組むことで相互に補完しながら。分散した銘柄の集合体を保持する考え方でした。実際の購入の仕方なども参考にあった。

 

第5章

株の初心者向けに著者が紹介する銘柄でポートフォリオの構築方法の紹介。

内需、外需の4社と残りはETFを購入するといった運用方法でした。

 

200万運用で例は以下の感じで4銘柄分散で残りはETFを買う構成。

 

レオン自動機 外需

インライト工業 外需

参天製薬 内需

リオン 内需  or  タクミナ

 

NASDAQ100ETF

日経平均連動EFT

 

といった内容の本で、ファンドマネージャー視点で書かれた面白くためになる本でした。